コンビニでは現金払いやクレジット払いの他に、
電子マネーが選択できます。

小銭を出す必要がなく、
クレジットカードがなくても使えることから
人気も高まっている支払い方法です。

ではコンビニで電子マネーを使うなら、
どんなものを選ぶといいのでしょうか?


選び方や最強の組み合わせなど、
コンビニで電子マネーを使う時に
覚えておきたいことをまとめています。


Sponsored Link

コンビニでは電子マネーがお得?

何故コンビニで電子マネーを使うと良いのかと言えば、
ポイントが貯まることがひとつのメリットです。

それぞれの電子マネーによって
ポイントの還元率は異なりますが、
使うだけでお得なので
せっかくなら電子マネーを利用してみましょう。

コンビニでの電子マネーの選び方とは?

コンビニによって、
優遇されている電子マネーの種類は異なります。

また使える電子マネーもコンビニごとに違うため、
覚えておきましょう。
電子マネーのコンビニでの選び方は?最強の組み合わせについても!1

セブンイレブン
独自の電子マネーnanacoが優遇されています。
大半の電子マネーは使えますが、
waonには対応していません。
ローソン
nanacoとpitapaは使えませんが、
多くの電子マネーに対応しています。
ドコモのiDをdカードと併用するとお得です。
ファミリーマート
一般的な電子マネーはnanaco以外対応しており、
交通系の電子マネーもマイナーなところまで
対応しています。
ミニストップ
イオン系列の店舗のため、
waonが優遇されていますが
nanaco以外の電子マネーはほぼ使えます。

Sponsored Link

コンビニで使える電子マネーの最強の組み合わせは?

電子マネーのコンビニでの選び方は?最強の組み合わせについても!2
還元率が高くなる組み合わせは、
ローソンでdカードを使い
付帯のiDで支払うこと
です。


ローソンではdカード支払いで
3%オフの特典があります。

更にカード付帯のiD支払いで
ポイント2%が還元されるので、
合計5%がポイントになります。

またiD支払いのキャンペーン中は
還元ポイントが6%になることもあるので、
要注目です。

ドコモを利用している人なら
電話料金を支払って10%の還元を受けることもできるクレジットカードなので、

電子マネーをコンビニで使いたいなら
持っておきたいカードです。

セブンイレブンなら、
特定の商品を購入すると
ボーナスポイントがもらえるnanacoがお得です。

支払いでのポイント還元は1%ですが、
お菓子や化粧品、ドリンクなど
数百円分のポイントがつくものもあります。

コンビニで使える電子マネーの選び方まとめ

チャージが面倒だと考えるなら、
クレジットカード付帯の電子マネーが有利です。

クレジットカードに付帯している電子マネーは、
クレジットカードから後で請求が来るので
その場でチャージする必要がありません。

自分でチャージした分だけを利用したい人は
nanacoなどのチャージ式電子マネーを
セブンイレブンで利用するのがお得です。


Sponsored Link