ピーナッツクリームとピーナッツバター、
どちらもスーパーで販売されていますが
名前によって何か違いがあるのでしょうか?
購入する時に知っておけば、
自分の目的に合ったものを手に入れることができます。

ではピーナッツクリームと
ピーナッツバターの違いや
おいしい食べ方も紹介していきましょう。


Sponsored Link

ピーナッツクリームとピーナッツバターの違いはどこ?

ピーナッツクリームとピーナッツバターの違いは?おいしい食べ方も!1
名前が違うだけと思っている人も多いですが、
きちんと名称で中身も違っています

ピーナッツクリーム
ピーナッツをペースト状にしたものに
糖分やクリームなどをプラスしています。

ピーナッツのこってりした感じが食べにくい人でも、
ピーナッツクリームなら
柔らかな質感になります。
加えるものはいろいろあり、
ものによっては
ココアやきなこなどを混ぜていることもあります。

ジャム感覚で使いたい人に向いている商品です。
混ぜているものによって味は大きく異なるので、
自分好みのものを見つけるのが
おいしく食べるコツです。
ピーナッツクリームとピーナッツバターの違いは?おいしい食べ方も!2

ピーナッツバター
ピーナッツをペースト状に練って作られたものです。

チャンクと呼ばれる粒が入ったタイプと、
なめらかなペースト状になったタイプがあります。
ピーナッツと糖分だけで作られているので、
こってり感やピーナッツ感も強くなります。

ピーナッツが好きな人なら、
ピーナッツバターを選んだ方が
おいしく食べられます。


Sponsored Link

ピーナッツバターには甘くないものも?

ピーナッツクリームは
パンなどにつけて食べることが想定されているので、
砂糖が基本的に入っています。
ですがピーナッツバターには甘くないものもあり、
料理に使いたいなら
このタイプを選ぶのが良いでしょう。

またピーナッツバターはカロリーも高いので、
砂糖によるカロリーや糖質を気にするなら
甘くないタイプがおすすめです。

自分で甘さを調節することもできますし、
砂糖にこだわらず
はちみつやメープルシロップなど
好みのもので味付けができます。

ピーナッツクリームとピーナッツバターのおいしい食べ方

ピーナッツクリームのおいしい食べ方
ピーナッツクリームは
クリームなどが含まれているので、
パンに塗りやすくなっています。

ふんわりした触感なので比較的トーストなどにも使いやすいことが魅力です。
ピーナッツクリームを買ったらパンに塗ったりお菓子に使うと良いでしょう。

ピーナッツバターのおいしい食べ方
ピーナッツバターも
甘みがあるものならパンに良く合います。
甘くないものなら
クッキーを作る時に入れてもピーナッツの風味がしておいしく食べられます。
また胡麻和えのように、
ピーナッツ和えにも使えるので
ちょっとした野菜で試してみるのも良いでしょう。

ピーナッツクリーム&ピーナッツバターの違いまとめ

ピーナッツクリームやピーナッツバターを買う時は、
それぞれの違いを知って購入するのが最適です。

おかずやお菓子作りに使うなら
無糖のピーナッツバターも候補に入れる
使い勝手がアップします。


Sponsored Link