高校生であってもアルバイトをしていたり、
お小遣いなど自由に使えるお金は存在します。

インターネット通販などでは
クレジットカードがあると何かと便利です。

ちょっとした支払いでもスムーズに行えますし、
前払いできるので代引手数料もかからず
後からコンビニや銀行に行く手間もなくなります。

高校生でもクレジットカードを作りたい場合、
可能なのでしょうか?

気になる人のためにまとめてみました。


Sponsored Link

高校生がクレジットカードを作ることはできるのか

クレジットカードを高校生が作る時の作り方とは!卒業してから作る?1
高校生でも作れるカードは存在します。

それはデビットカードです。

普通のクレジットカード会社では、
18歳以上で高校生以外を対象
に入会のルールを設けています。

基本的に高校生には支払い能力があるケースが少ないため、
責任などを考えると
普通のクレジットカードは作れないようにできているのです。


ですがデビットカードは違います。

デビットカードは普通のクレジットカードとは違い、
使ったその場で
口座からお金が引き落とされるシステム
です。

そもそも口座にお金が入っていなければ使えないので、
高校生でも作ることができます。

その時に引き落とされるだけで、
後は一般のクレジットカードと違う点はありません。


Sponsored Link

高校生のクレジットカードの作り方とは

クレジットカードを高校生が作る時の作り方とは!卒業してから作る?2
デビットカードなら
高校生でも作れることが分かりました。

作り方についてまとめてみましょう。

まずは親権者の同意が必要です。

勝手に申し込みをすることはできないので、
相談して同意を得た上で
書類を書いてもらうことが必要になります。


審査があるパターンと、
高校生なら親の同意さえあれば
審査なしで誰でも作れるデビットカードがあります。

基本的には申し込みをして書類を記入し、
後は審査やカードが届くのを待っているだけ
になります。

年会費は設定されていますが、
高校生や若いうちは
無料で使える
ことがほとんどです。

高校生ではなく卒業してから作るのがベスト?

高校を卒業すれば、
クレジットカードを作ることは可能です。

未成年のうちは親の同意が必要になりますが、
デビットカードではいずれ年会費がかかるようになります。

クレジットカードの場合は年会費無料のものも多く、
入会時にポイントやギフト券がもらえるものも多数あります。


もちろんデビットカードも
年間の利用額に応じて
年会費が免除される場合がありますが、
後からクレジットカードを作り直すつもりなら
高校生のうちではなく卒業してから作ってもいいでしょう。

ただしデビットカードは
大人になってもお金の管理がしやすく、
使いすぎを防ぐことができます。

うっかり使いすぎてしまいそうな人は、
クレジットカードよりデビットカードの方が安心です。

高校生のクレジットカード作り方まとめ

デビットカードは会社によって、
15歳からOKなところと16歳からOKなところがあります。

高校1年生でも作れるので、
ネットでの買い物が多い場合や
自由に使えるお金がある場合は作ってみてもいいでしょう。

必ず親の同意は必要になるので、
その点だけは相談しておきましょう。


Sponsored Link