栄養も手軽に取れて体を温めるにも最適なホットミルクですが、
牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人も多いのではないでしょうか。


日本人は乳糖を分解できないことが多いのでお腹を壊しやすいのですが、
これは温めるだけでも改善することができます。

また最近ではお腹に優しい牛乳も販売されているので、
安心してホットミルクを飲むことも可能です。


Sponsored Link

ホットミルクを美味しく飲む方法とは?

ホットミルクを美味しく飲む方法やレシピとは?お腹に優しい作り方も1
牛乳をそのまま飲むのは苦手な方でも、
ココアカフェオレなどにすれば美味しく飲むことができます。
夜に飲む場合は眠りを深くするためカフェインを避けるほうが良いので、
カフェインレスコーヒーやデカフェ紅茶などにホットミルクを加えるのもおすすめです。


また甘みがないのが気になる場合は、
はちみつや砂糖を加えるだけでも美味しく飲むことができるでしょう。

牛乳はいろいろなレシピに使えるので、
毎日アレンジして飲むことができます。

きな粉シナモンなどもホットミルクとよく合います。

食物繊維を摂りたい時はきな粉、
体を温めたい時はシナモンパウダーなどを使い分けてみましょう。

ホットミルクのおすすめレシピ

ホットミルクには、簡単で美味しく飲むためのレシピがあります。

いくつか紹介しておきましょう。

はちみつシナモンのホットミルク
1.牛乳をレンジで温める
2.はちみつを適量混ぜる
3.シナモンパウダーをかける
ホットミルクできな粉ココア
1.牛乳をレンジで温める
2.きな粉を適量混ぜる
3.インスタントココアを加える

Sponsored Link

ホットミルクにはお腹に優しいものもある?

ホットミルクを美味しく飲む方法やレシピとは?お腹に優しい作り方も2
牛乳は温めるだけでも消化しやすくなりますが、
市販の牛乳には乳糖がほとんど入っていないタイプのものもあります。


アカディなどは乳糖を8割カットしているので、
牛乳でお腹を壊しやすい人にも安心です。

ホットミルクにすれば更にお腹に優しいので、
普段から牛乳でお腹を壊しやすい方でも飲みやすいでしょう。

牛乳は乳糖のことを考えなければ、
基本的に胃腸にも優しい飲み物です。

お腹に優しい作り方も

乳糖が分解しにくい体質の方は多いので、
もし牛乳でよくお腹を壊してしまう場合は
アカディなどのお腹に優しいタイプの製品を選びましょう。

また牛乳を多く飲みすぎると
お腹を壊してしまう場合には、
豆乳やアーモンドミルクなどと混ぜるのも良いでしょう。

豆乳などは味に癖がありますが、
牛乳と混ぜることでさっぱりと飲めるようになります。


ホットミルクを美味しく飲む方法やレシピまとめ

ホットミルクを美味しく飲むには、
まずは甘みをつけることを考えましょう。
はちみつや砂糖などで味をつければ、
美味しく飲むことができます。

また牛乳だけで飲むのは抵抗がある方の場合、ココアやカフェオレ、ミルクティーなどにしてみましょう。

市販の牛乳にはアカディなど、
お腹に優しいタイプの商品もあるのでお腹を壊しやすい方も安心です。


ホットミルクは体も温まり眠りにつきやすくなるだけでなく、
たんぱく質やカルシウムなどの栄養素もたっぷり含まれます。

リラックスタイムに取り入れるのも良いでしょう。


Sponsored Link