牛乳に変わる飲料として
話題のアーモンドミルクは、
アーモンドを濾して水で調節されたものです。


アーモンドには豊富なビタミンE
食物繊維が含まれているため、
牛乳よりも美容に良い飲み物として
注目を集めています。

硬いアーモンドに比べて
消化吸収も良くなっているので、
質の良いビタミンやミネラルが
吸収しやすくなっています。


アーモンドミルクはそのまま飲むだけでなく、
アレンジして美味しく飲むこともできます。

どのような飲み方が効果的なのか、
見ていきましょう。



Sponsored Link

アーモンドミルクは体にいい?

アーモンドミルクはそのまま飲むのも体にいい?他に効果的な飲み方は?1
アーモンドミルクに含まれている成分を
まとめてみましょう。

体にいいとされる栄養成分が豊富です。

ビタミンE

ビタミンB2

ナイアシン

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

亜鉛

マンガン

食物繊維

脂肪酸

オレイン酸

リノール酸


Sponsored Link

アーモンドミルクはそのまま飲むのもおすすめ

市販のアーモンドミルクは
飲みやすいように調整されたものから、
ローカロリーの砂糖不使用のものまで販売されています。


チョコやコーヒーなど
独自のフレーバーも多く、
好みによって選択が可能です。

アーモンドミルクの
美容成分を活かしたい場合には
砂糖不使用のアーモンドミルクがおすすめですが、 
フレーバーつきのものでも
アーモンドミルクの栄養は摂取できます。   


まずはそのまま飲むことで、
アーモンドミルクを続けてみましょう。

アーモンドミルクの効果的な飲み方とは

アーモンドミルクはそのまま飲むのも体にいい?他に効果的な飲み方は?2
アーモンドミルクはそのまま飲むだけでなく、
他にも効果的な飲み方があります。

例えば温めるだけでも
体を冷やさずに
アーモンドの栄養をしっかり摂取できます。

またスムージーなどに入れるのもおすすめです。

自分が好きな野菜やフルーツを
ジューサーやミキサーで混ぜ、
アーモンドミルクを投入します。


牛乳やヨーグルトとは違う、
アーモンドミルクの香ばしい香りや
味を楽しむことができます。 

野菜やフルーツの栄養も
一緒に取り入れられるのでおすすめです。


アーモンドミルクは甘みがない状態では
飲みにくいと感じる方もいます。

美容のために砂糖不使用の
アーモンドミルクを飲むなら、
はちみつやメープルシロップを加えてみましょう。

アーモンドの味わいと
はちみつやメープルシロップの
自然な甘さが味わえます。


その他、スタバなどのカフェでも
アーモンドミルクが選択できる場合があります。

コーヒーや紅茶などに混ぜることで、
まろやかな味わいが楽しめます。

牛乳でお腹の調子が悪くなる方や
乳製品アレルギーがある方でも、
アーモンドミルクなら安心して飲めます。

アーモンドミルクの効果的な飲み方まとめ

アーモンドミルクは
フレーバー付きの商品も多く、
そのままでも美味しく飲むことができます。 

ただし砂糖不使用のアーモンドミルクを
飲むのであれば、
スムージーに入れたり
コーヒーや紅茶を飲む時に使うことで、
更に美味しく飲むことができます。


体の冷えが気になる時には温めて飲んだり、
甘みが欲しい時には
はちみつやメープルシロップを加えるのもおすすめです。


Sponsored Link