コーヒーと言えばスイーツと一緒に飲むイメージが強く、
合うスイーツがたくさんあります。

もちろん、フルーツとも相性がよく、
最近ではコーヒーの中に
フルーツを入れた新しいドリンクを提供する
カフェも登場しています。


ここではコーヒーに合うフルーツの紹介や食べ合わせ、
コーヒーとフルーツのドリンクを
提供しているカフェなどを紹介します。

 

Sponsored Link

コーヒーに合うフルーツとは?

コーヒーに合うフルーツとは?相性の良さや食べ合わせも知ろう!2
コーヒーには酸味やコクがあり
フルーツとも共通する面があります。

そのため、アイスコーヒーなどにはオレンジシロップ
入れるケースも目立ちます。

オレンジの酸味がコーヒーの酸味を引き立ててくれるので
少し酸味のあるコーヒーが好きな方におすすめです。


オレンジは爽やかな香りもするので、
甘味と酸味、香りが同時に楽しめます。

バナナもコーヒーに合うフルーツです。

パウンドケーキなどに入っているバナナともコーヒーの相性は良く
こってりしたバナナの甘味をコーヒーで
スッキリさせることができます。

コーヒーとフルーツの食べ合わせや相性は?

コーヒーに合うフルーツとは?相性の良さや食べ合わせも知ろう!1
コーヒーとフルーツの食べ合わせは、
ほとんどの場合特に問題ありません。


バナナなどは炭水化物も多く含まれているため、
胃へのダメージを少なくしてコーヒーを楽しむことができます。

コーヒー単体で飲んだ場合、
空腹時にはカフェインなどの影響で胃に負担がかかることがありますが、
フルーツを使った
優しいスイーツと一緒に食べることは
刺激を減らすことにもつながります。


酸味の強いフルーツはコーヒーの酸味を際立たせ、
甘味のあるフルーツはコーヒーの苦味をまろやかにしてくれるので相性も良いでしょう。

 

Sponsored Link

コーヒーとフルーツを扱うカフェも登場している

コーヒーに合うフルーツとは?相性の良さや食べ合わせも知ろう!3
東京原宿には、2018年6月8日に台湾で人気の
コーヒー&フルーツを使った新しいカフェも登場しています。

台湾発のアオタイガーコーヒーは、
コーヒーとフルーツを一緒に使ったドリンクが特徴のカフェです。

日本のカフェでは日本産のフルーツにこだわっており、
バナナ、リンゴ、パイナップル、イチゴの4つのフレーバーから選択できるシステムです。


ラテとアメリカーノがあり、
ドリンクと言うよりもスイーツとして楽しみたい方にもおすすめです。

コーヒーとフルーツの相性まとめ

コーヒーとフルーツは比較的相性も良く、
特にオレンジ系のフルーツはアイスコーヒーに使われることが多いフレーバーです。

食べ合わせ的にも悪くないので、
フルーツを使ったスイーツと
コーヒーを楽しみましょう。

最近ではアオタイガーコーヒーなど
コーヒーにフルーツをトッピングした商品を提供するカフェも
登場しています。
ちょっと変わったコーヒーを飲んでみたい方におすすめです。


Sponsored Link