最近、コンビニのカフェメニューが注目を集めています。


ローソンでもマチカフェメニューの種類が増えているので、
利用する機会も多いのではないでしょうか。

コンビニのペットボトル飲料だとぬるめなので温度が持続しませんが、
カフェメニューの場合は淹れたてなのでホットが好きな方にもおすすめです。


ここではマチカフェメニューの種類や値段
うまいと言われている理由などをまとめました。


Sponsored Link

ローソンのマチカフェは種類も豊富?

ローソンのマチカフェメニューの値段とは?種類も多くてうまい?1
コンビニのカフェメニューと言えば、
コーヒーが主流ですよね。

店舗によってはコーヒーやカフェラテなど、
コーヒー系のメニューしか取り扱っていないところもあります。


しかしローソンのマチカフェメニューは
種類が豊富です。

コーヒーだけでなく、
ストレートティーロイヤルミルクティー
最近ではホットミルクもメニューに加わりました。

ココアなども取り扱っており、
時期によっては抹茶ラテシトラスティーなど店舗や期間限定メニューもあります。

デカフェメニューを取り扱っている店舗も増えていましたが
店舗や時期によって異なるようです。


ただローソンの店舗ではメニューを提供する機械の数が限定されているため、
日によって注文できるメニューが変わることがあります。

メインのコーヒー、紅茶、ミルクなどはいつでも可能ですが、
ココアや抹茶ラテなどレギュラーメニューでないものは
メニューにあっても日替わりで提供されていることもあるので注意しましょう。


Sponsored Link

ローソンのマチカフェの値段とは

ローソンのマチカフェメニューの値段とは?種類も多くてうまい?2
ではマチカフェドリンクの主な値段を紹介しましょう。

サイズなども選べてまるで本当のカフェのようなメニュー構成ですね。

コーヒー・アイスコーヒー(アイスコーヒーはS・Mのみ同価格)
S100円 M150円 L180円

メガアイスコーヒー
270円

カフェインレスコーヒー
S150円

カフェラテ
M150円 L180円

カフェインレスカフェラテ
M200円

ホットミルク
130円

ダージリンティー
150円

ロイヤルミルクティー
180円

ミルクココア
180円

ローソンのマチカフェはうまい?独自のこだわりも!

ローソンのマチカフェメニューの値段とは?種類も多くてうまい?3
ローソンのマチカフェで提供されているコーヒーは、
豆にもこだわっています。


ブラジルのイパネマ農園で作られた豆を使用し、
レインフォレスト・アライアンス認証の農園のみと契約しています。 

環境保全や社会貢献にもこだわっている内容です。


ミルクは生乳100%で、
温度もコーヒーは高め、カフェラテは低めと設定されています。
本格的なエスプレッソマシンを使っているので美味しく仕上がります。

マチカフェドリンクがうまいと言われているのも、
納得がいきますね。

ローソンマチカフェの値段や種類まとめ

ローソンのマチカフェドリンクは
コーヒーだけでなく紅茶やカフェラテ、
ココアなど豊富な種類が用意されています。

店舗限定や時期限定メニューなども多く、
新しい味も楽しめます。

値段もカフェに比べると安めで、
頼みやすいですね。

豆やミルク、提供温度にもこだわっているのでうまいと感じる人も多いようです。


Sponsored Link