2015年に日本に上陸したブルーボトルコーヒーは、
青いボトルの看板で知られます。
アメリカ発のコーヒーショップで、
おしゃれなイメージも強いですよね。

今年関西初上陸したことでも話題になりました。

ブルーボトルコーヒーはちょっと
他のコーヒーショップとは違う雰囲気で、
ゆったりと美味しいコーヒーが楽しめます。

メニューにも独自性があり、
コーヒーにこだわりがある方にもおすすめです。


ではブルーボトルコーヒーの店舗やメニュー、
美味しさの理由について見ていきましょう。


Sponsored Link

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気?店舗はどこにある?

ブルーボトルはなぜ人気?メニューのおすすめや美味しさの秘密も!1
ブルーボトルコーヒーは2015年に新しく日本に上陸し、
すぐに人気店になりました。

アメリカで2002年に生まれた比較的新しいショップで、
ゆとりのある席数やコーヒーへのこだわりが人気の理由です。


日本には現在8店舗が展開されています。


7店舗は全て東京都内にありますが、
新しくオープンした京都カフェは
京都市内の南禅寺にあり観光客にも人気です。

ブルーボトルコーヒーのメニューおすすめとは

ブルーボトルはなぜ人気?メニューのおすすめや美味しさの秘密も!2
ブルーボトルコーヒーのメニューで
おすすめできるものはいくつかあります。


フードメニューも数は少ないもののおしゃれで美味しいものが多いですが、
やはり一番のおすすめはコーヒーです。

ドリップコーヒー
ホットでコーヒーを楽しみたい方向けです。


シングルオリジンブレンドオレから選択できます。

アイスコーヒー
アイスコーヒー専用の豆を使って仕上げられています。


ブルーボトルコーヒーオリジナルのニューオリンズと、
コールドブリューから選べます。

店員さんにおすすめを聞いてみるのも良いですね。

エスプレッソドリンク
カフェラテやカプチーノ、
モカなどを注文したいならこの欄から選びましょう。


通常はブレンドで、
シングルオリジンは100円アップです。

その他のドリンク
コーヒー以外にはミネラルウォーターや
ジュースなどが用意されています。


ホットチョコレートなどもありますが、
普通の喫茶店のように紅茶やホットミルクなどがあるわけではないので、
純粋にコーヒーが楽しみたい方向けのカフェです。

フードメニュー
パウンドケーキやヨーグルト、
ワッフル、クッキーなどのメニューがあります。


店舗によってオリジナルのメニューがあるので、
店舗のおすすめを選ぶのも良いですね。


Sponsored Link

ブルーボトルの美味しさの秘密

ブルーボトルはなぜ人気?メニューのおすすめや美味しさの秘密も!3

焙煎48時間以内のコーヒー豆を使う
ブルーボトルコーヒーの特徴は、
焙煎したての豆を使っていることです。


新鮮なコーヒー豆を使うので、
いつでも変わらない美味しさが保たれます。

その場でドリップしてくれる
店員さんがその場でドリップしてくれるので、
作りたての美味しさが味わえるのも特徴です。


コーヒー専門店の味わいを期待する人にも
向いているカフェです。

ブルーボトルコーヒーのメニューや美味しさの理由まとめ

ブルーボトルコーヒーは多くのコーヒーチェーン店と異なり、
コーヒーとシンプルなフードメニューがメインのカフェです。

店舗ごとにメニューは違いますが、
ドリンクはほぼコーヒーなので
コーヒー好きな方におすすめです。


美味しさの理由は新鮮な豆と
注文を受けてからドリップしてくれるお店のスタイルです。

広めの店舗でゆったりした空間の使い方なので、
美味しいコーヒーを落ち着いて楽しみたい方に向いています。


現在日本では東京都内と京都のみ展開しています。

2015年に初めて日本に店舗ができた新しいカフェなので、
今後の展開も気になりますね。


Sponsored Link