ハーブティーは天然のハーブを使ったお茶なので、
それぞれに薬効があります。

中には安眠したい時や
睡眠不足が気になっている時に効果的なものもあります。


ハーブティーの睡眠効果やおすすめのハーブ
そして毎日飲んでも大丈夫なのか?
という疑問についてもまとめています。

 

Sponsored Link

ハーブティーには睡眠作用があるものが多い?

ハーブティーの効果には睡眠作用も!毎日飲んでも大丈夫なハーブは?1
ハーブティーには
リラックス作用のあるものが多くなっています。


そのため、睡眠に効果があるものも豊富なのです。

眠れない時でも、ほとんどのハーブティーは
ノンカフェインなので睡眠に悪影響を与えることはありません。

覚醒作用のあるハーブもありますが、
リラックス系のハーブを選択すれば
眠りにつきやすくなります。

睡眠を取りたい時におすすめのハーブティー

睡眠効果やリラックス作用のあるハーブティーは
いくつかあります。

まずはおすすめのハーブティーを
紹介していきましょう。

カモミール
カモミールはリンゴのような甘い香りと、
さっぱりした飲み口のハーブティーです。

リラックス作用があるだけでなく、
炎症を抑える効果や冷え性改善効果などもあります。

不眠症に効果的なハーブとして知られており、
寝る前に飲むことで安眠効果が得られます。

セントジョーンズワート
セントジョーンズワートには
精神を落ち着ける作用があります。

リラックスしたい時や、
神経が高ぶっているときなどにおすすめです。

サプリメントとしても売られていますが、
ハーブティーにすることで
おいしく飲むことができます。

ローズ
薔薇の花びらを使ったハーブティーで、
豊かな香りが特徴です。

心を落ち着けてリラックスしたい時にも最適で、
眠れない夜にもおすすめのハーブです。

ネトル
ネトルは胃腸の調子を整える効果もありますが、
リラックス効果も持っています。

そのため睡眠不足や
不眠が気になる場合に活用できます。

 

Sponsored Link

ハーブティーは毎日飲んでも大丈夫?

ハーブティーの効果には睡眠作用も!毎日飲んでも大丈夫なハーブは?2
ハーブティーには薬効があります。
そのため、飲み過ぎはあまり良くありません。


作用が強く出すぎることも考えられるからです。

とは言えハーブティーで
1日1〜3杯程度飲むのであれば、
特に毎日飲んでも問題はありません。

ただし妊娠中などには、
飲むのを避けた方が良いハーブもあります。

安眠効果やリラックス作用だけでなく、
子宮収縮作用があるハーブも存在するからです。

またアレルギーを持っている方などは、
体調の悪い時にハーブの摂取を避けた方が良いこともあります。

ハーブティーの睡眠効果まとめ

ハーブティーで睡眠の質を改善させたい場合には、
カモミールセントジョーンズワートなどの
リラックス系ハーブがおすすめです。

香りや味の好みには個人差があるため、
自分の好きなものを選ぶことが大切です。 

好きな香りや味のものを選ぶことで、
睡眠に対する効果も高まります。

基本的に毎日飲んでも大丈夫ですが
妊娠中や体調不良などの時には
摂取を控えた方が良いケースもあります。



Sponsored Link