黒執事 ソーマを撃った犯人は? ソーマTOP

シエルの双子が確定し、連載もクライマックスを迎えようとしています。
未だに謎なのがソーマを撃った犯人は誰なのかという事。

まだ予想でしかないのですがまとめたいと思います。

ネタバレの部分もありますので、お気を付けくださいね!


Sponsored Link

黒執事でソーマを撃ったのは?

黒執事 ソーマを撃った犯人は? ソーマ撃たれる

25巻は衝撃的な終わり方でした。
ソーマとアグニのいるタウンハウスにやってきた者にソーマが撃たれた!?
誰もが先が気になって仕方がないですよね。


タウンハウスに来たのは誰?

黒執事 ソーマを撃った犯人は? ソーマとアグニ

馬車が止まる音で玄関に応対に出たソーマは「おお、お前か!」と嬉しそうな笑顔。
そして、なかなか中に入らない人物に対して「お前、様子が変だな。熱でもあるのか?」と
額に手を当てようとしたとき、相手の銃口がソーマの額に突き当てられます。


その時の銃の角度が屈んだソーマの額に上向き気味。
成人男性とは考えにくいほど小柄。

そしてソーマが心を許している相手で小柄な人物というと、シエルしか考えられません。
しかし、シエルがソーマに対してこんな態度をとるとも考えられない。



1番濃厚なのが双子の片割れ。

坊ちゃんの兄で本物のシエル。

死んだはずのシエルの登場にはまだ謎だらけ!

双子で見分けがつかないくらいそっくりですから、ソーマが坊ちゃんとシエルを間違えたとしても不思議ではありません。




Sponsored Link

犯人は坊ちゃん双子の本物のシエルか?

黒執事 ソーマを撃った犯人は? 双子誕生日

シエルが双子という事がとうとう判明しましたね?

坊ちゃんたちがタウンハウスに来る前に兄シエルが来たのは間違いないと思います。

シエル双子の過去が明らかに!?

タウンハウスでソーマたちは何者かに襲われました。
アグニの死亡を確認した後、セバスチャンとシエルは屋敷内を見て回ります。



そして、坊ちゃんの部屋に入った瞬間、目に入ったものは壁にナイフで刻まれたメッセージ!

「お腹のキャンディ盗ったのだあれ?」


お腹のキャンディとは、ファントムハイヴ当主だけがつけることが許される特別な指輪。

ネタバレになるのでお気を付けください!


シエル兄が飲み込んだのかと予想はされていましたが、そのシーンが明確に描かれてました!

二人の10歳の誕生日に起きた悲劇が明らかになりつつあります。

二人が怪しい人物に捕らえられ、黒魔術らしき団体に売られることに!

そんな中、シエル兄は当主の証明である指輪を取られまいと飲み込んでしまう。

「僕が青いあめ玉を飲んじゃったことは秘密だよ」とシエル兄。


指輪をあめ玉に例えて話した相手は坊ちゃんだけ。
あのメッセージはシエル兄から坊ちゃんへのメッセージ。

これを見る限り、シエル兄がタウンハウスに来たことは明確。

このことからやはりソーマを撃ったのはシエル兄だと思いませんか?


他の誰にもとられてはいけない指輪だから死んだ父親の指から外したというシエル兄。

あの状況で冷静に父親の死体から指輪を抜き取れるものなのだろうか?

10歳になったばかりの少年にできるのか?と疑問に思ってしまう。

初めから両親殺人をもくろんでいたとしたら?

どうしてもシエル兄が両親殺人事件に関わっていたという疑問はぬぐえない!



他にも黒執事の記事があります。

黒執事の双子確定!兄が生きてる理由は?坊ちゃんの名前もネタバレ

黒執事の葬儀屋ヴィンセントの関係性は?ファントムハイヴ家系図の謎

黒執事のシエル両親を殺した犯人は誰?本物のシエルが黒幕と噂も!

黒執事26巻の展開予想!シエル偽物か?本物のシエルが生き返った?

【黒執事】シエルの正体は双子確定?アグニとリジーが知った真実は?

他にもおすすめの記事があります。

スクールデイズがクリスマスイブに放送?「やばすぎ&酷い」の意味も

ローソン×ゴディバの限定スイーツ!人気で品切れも?口コミは?

ルイボスティーは持ち歩き可能!効果はどれくらい?いつから現れる?



黒執事でソーマを撃ったのは?犯人は坊ちゃん双子の本物のシエルか?のまとめ

黒執事 ソーマを撃った犯人は? ヴィンセントと双子

連載も両親が殺された日から回想シーン。

両親を殺したのはだれか?

ソーマを撃った犯人と一緒なのか?

少しづつ伏線が回収されていますね。

しかし、回想シーンは絶望で苦しむシエルたちが可哀そうすぎる!

過去編だと、シエル兄が坊ちゃんにかなり依存してる感じ。

本当は当主になんてなりたくないと駄々をこねるシエル兄。

両親に対して逆恨みを持った??

ますます目が離せなくなる黒執事!


Sponsored Link