宮沢氷魚の両親や名前の由来は? TOP

コウノドリでドラマデビューを果たした注目若手俳優の宮沢氷魚。

両親や名前の由来についてまとめてみました。


Sponsored Link

宮沢氷魚の両親や名前の由来がスゴイ?

宮沢氷魚の両親って?

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? 父親 宮沢和史
父親は宮沢和史

1966年山梨県甲府市生まれ。
明治大学経営学部卒業。

THE BOOMのボーカリストとして1989年にデビュー。代表曲は『島唄』。
これまでに、THE BOOMとしてアルバムを12枚、宮沢和史としてアルバムを4枚、GANGA ZUMBAとしてアルバムを2枚リリース。

作家としても、SMAP、小泉今日子、矢野顕子、夏川りみ、MISIA、中島美嘉、岡田准一(V6)など、多くのミュージシャンに詞、曲を提供。

THE BOOMのメンバーは沖縄出身だとばかり思っていたので、山梨出身といういことに驚きでした。

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? 母親 光岡デュオン

母親は光岡ディオン。
神奈川県出身。国際基督教大学教養学部語学科卒業。

主として音楽番組(MTV=ミュージックテレビジョン等)やCNNニュース・日本語版のナビゲート役等を中心として活動していた。
2015年に解散したTHE BOOMのボーカル・宮沢和史(51)と、タレントの光岡ディオン(52)の長男が宮沢氷魚。

母親の光岡ディオンは、アメリカ人とのハーフなので、宮沢氷魚はクオーター。

お二人ともすごい経歴の持ち主!


Sponsored Link

 

名前の由来は?

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? 琵琶湖 氷魚
釣り好きの父親の宮沢和史が名付け親。

氷魚で【ひお】と呼びます。

実際に琵琶湖に生息する魚で、鮎の稚魚。
12月~3月頃まで収穫されて、5月頃には透明感もなくなり、「小鮎」と名前も変わります。

透き通った魚で環境の変化にも順応する力を持っている氷魚。
冬の寒い季節に逞しく生きる氷魚にあやかって付けたそう。

釣り好きでもなかなかこんな名前は思いつかないですよね~
自分の子供に魚の名前を付けること自体がびっくり!

宮沢氷魚のプロフィール

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? men's non-no モデル

生年月日:1994年4月24日(23歳)
出身地:アメリカサンフランシスコ
身長: 184cm
趣味: 野球、釣り
特技・資格: 陸上、クロスカントリー、サッカー、普通自動車免許

サンフランシスコで生まれ、東京都で育つ。日本人とアメリカ人のクォーター。
国内の高校を卒業してから留学。
カリフォルニア大学サンタクルーズ校から国際基督教大学に編入し、同校を2017年3月に卒業。

英語が堪能で日本語よりも得意というのもうなずけますね!



父親のライブを観てから芸能界に興味を持ち、アメリカ留学中に自らレプロエンタテインメントに履歴書を送り、2015年6月よりレプロエンタテインメント所属になる。

同年に第30回MEN’S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、同誌の専属モデルとしてデビュー。

【MEN’S NON-NO】モデル出身でドラマなどで活躍している人は坂口健太郎・成田凌・柳俊太郎・速水もこみち・伊勢谷友介などがいます。

2017年【コウノドリ】で俳優デビュー。

二世ということで”失敗は許されない”というプレッシャーがかなりあったと話す宮沢氷魚。

自分が失敗したら親に迷惑をかけるという、二世特有の悩みですね。
親に甘えるのではなく、親に迷惑をかけないようにしようという気持ちを持っていることが素晴らしい!
ただの二世タレントとは違うと感じました。


宮沢氷魚の両親や名前の由来は? トドメの接吻2
2018年には山崎賢人主演の連続ドラマ【トドメの接吻】に出演が決定!

金と権力を愛するクズなホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)を中心に進んでいく話。

宮沢氷魚は主人公と敵対する御曹司・尊氏に強い恩義とあこがれを持つ布袋道成役。

なかなか面白そうなストーリー!

楽しみですね!


好きなタイプは?

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? 好きなタイプは

「自分がしっかりしていない所があるので、引っ張ってくれる方がいいです。年下年上のこだわりはありません。」
とインタビューで答えていました。

引っ張っていくタイプかと思っていたので意外な答えでしたね!



【宮沢氷魚の両親や名前の由来がスゴイ?プロフィールや好きなタイプも】のまとめ

宮沢氷魚の両親や名前の由来は? コウノドリ
ドラマのコウノドリの役が自分と重なる部分が多かったと語る宮沢氷魚。

2世ということで、得する部分もありますが、その分プレッシャーはかなりあったでしょうね。

しかし、宮沢氷魚自身は2世ということに甘えずしっかりした考えを持った青年という印象を持ちました。

これからの活躍が期待されます。


Sponsored Link