されど罪人は竜と踊るがアニメ化!あらすじがグロいってホント?

されど罪人は竜と踊るがアニメ化!

ガガガ文庫の『されど罪人は竜と踊る』が

アニメ化します!

ダークファンタジーの先駆け

『日本で最初の暗黒ライトノベル』

と呼ばれています。

ファンの間では『され竜』などと略される
このライトノベル!
満を持してのアニメ化と言えます!

七葵(なつき)七葵(なつき)

当初はスニーカー文庫だったんだよね

うさうさうさうさ

そうなの?しらなかったナ…

2017年の10月より

TBS・BS-TBSにて放送されます

多分一巻がアニメ化放送とみていいでしょう。

気になるあらすじが実はグロい?

今回はそのことについて
お話していきたいと思います。


Sponsored Link

されど罪人は竜と踊るのあらすじ

されど罪人は竜と踊るがアニメ化!あらすじがグロいってホント?2

今回は多分この部分がアニメ化されるであろう
一巻のあらすじをざっくりと説明したいと思います!

七葵(なつき)七葵(なつき)

あんまり言いすぎるとアニメを見る楽しみがなくなるしね。普通一巻からだと思うのよ

うさうさうさうさ

ナルホド。たしかにネタバレのしすぎはたのしみがへるカモ

舞台は架空の世界。掃き溜めの町エリダナ。
この世界では咒式(じゅしき)という

特殊な力により化学変化がおこせる力

魔法ではなく、この場合は物理らしいです。
さまざまな分野で咒式が世に広く浸透してます。
その力を扱い様々なことをこなす咒式士。

そして異貌のものども
竜や人狼なんかが分類されるのですが、
人外のものが総称してそう呼ばれており
討伐も咒式士の仕事です。

SFでもファンタジーでもない世界。

これは二人の(ダメ)咒式士達罪人と
頭のイカレた性格破綻者たちと
異貌のものどもの物語

主人公は二人。

ガユス・レヴィナ・ソレル

ギギナ・アシュレイ・ブフ

別に仲がいいと言うわけではなく、
いや、喧嘩する程仲がいいの典型かもですね。

ギギナ曰くガユスは『性格が大絶滅している』

ガユス曰くギギナは『性根が原子崩壊している』

どちらの言い分があってても間違ってても

人としてどうなの?レベル

この二人が営む事務所に
ある日舞い込んだ依頼は『護衛』の依頼
相手は国の要人

ツェベルン龍皇国枢機卿長(りゅうこうこくすうききょうちょう)

世間では咒式士の連続殺人が起こり
不安定な情勢の中、
なんだか護衛依頼はだんだんと

キナ臭い方向へ

護衛相手は実は影武者だったり
背後にちらつく『異貌のものども』の影

真相にたどり着くまで
物語は二転三転

枢機卿長の本当の目的とは
咒式士連続殺人は一体だれが糸を引いているのか?

激闘の末二人が見た真実とは?

ギリギリまで真相がわからない
いい意味で

『裏切られまくる物語』

個人的にアニメは録画して
一気に見るのをおススメします。


Sponsored Link

グロいってホント?

されど罪人は竜と踊るがアニメ化!あらすじがグロいってホント?4

グロいといえばそこそこグロいんですよね。
小説でも割とグロいシーンは
しっかりはっきり描写されてます。
場合によっては

かなりグロい時がありますね

想像したら『うわぁ』ってなります。
一度耐性付いたらそれもこの物語の味といえば味です。

されど罪人は竜と踊るがアニメ化!あらすじがグロいってホント?5

程度で言えば

『ひぐらしのなく頃に』

とかと同じレベル?の時が必ずあります。

七葵(なつき)七葵(なつき)

アレ、夜中絶対見れない究極のホラーアニメだよね…

うさうさうさうさ

でも、それゆえファンがおおいアレね。よなかとかマジムリ

小学生とか心臓が弱い方は
見ない方がいいですね。
個人的に一巻を読み終えた感想は

『なるほどそういう事か』

という読了感がすごくて、
特にトラウマになったということもないですが。
個人差が当然あります。

どこまでキッチリアニメで描写されてるかは分からないのですが、

ざっくり割愛、曖昧描写

ということもあり得ますし。
原作から読んでみようと思う方、
アニメから見ようと思う方どちらとも

ちょっと覚悟した方がいいかもです

『暗黒ライトノベル』ですからね。
ある意味テレビの限界に挑戦されてるかもしれません。

されど罪人は竜と踊るまとめ

されど罪人は竜と踊るがアニメ化!あらすじがグロいってホント?3

面白いと思いますよ。
2017年秋アニメでは一番みたいかもです。

キャラデザがネットでは心配されてますけど

小説の挿絵とか表紙の絵が
すっごい繊細できれいなんですよね。
カラーは印象的な鮮やかさで
鉛筆画はすごい繊細

ファンにはそこがいいって方も多いですしね

全部ひっくるめて
放送日を楽しみにしたいですね。

2017年秋アニメの注目作です!


Sponsored Link