Sponsored Link

ちょっとしたおつまみや
おやつとしても活用できるレーズンバター

パンに塗って食べるのも人気です。

そのまま食べることも多いため、
カロリー日持ちがどのくらいなのか気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、レーズンバターのカロリー一切れ分や
日持ちについて解説しています。

レーズンバターのカロリー一切れ分はどのくらい?

レーズンバターのカロリー一切れ分とは?日持ちや冷凍保存の方法も!1
レーズンバターのカロリーは、100gで650キロカロリー程度です。

商品の大きさやどのくらいの分厚さに切るかによって違いますが
一切れ分のカロリーは、80~100キロカロリー程度です。

バターだけでも10gで70キロカロリーほどあるため、
一切れのカロリーはやや多めです。

レーズンバターは小さく、
何切れか食べることも多いですが、
カロリーが高めになっていることは知っておきましょう。


Sponsored Link

レーズンバターの日持ちとは?

レーズンバターのカロリー一切れ分とは?日持ちや冷凍保存の方法も!2
バター自体の日持ちは長く、
開封しなければ半年ほど保存ができます。

レーズンも保存に適していますが
レーズンバターを開封後の日持ちはどのくらいなのでしょうか。

お菓子などに使われるレーズンバタークリームは
1週間ほどの日持ちが多くなっています。

バターも開封後は2週間以内に食べることがおすすめです。

レーズンバターを開封した後は
だいたい1週間~2週間以内で早めに消費しましょう。

保存環境や状況にもよるため、
においや状態などを見ながら、
箱に書いてある通りに消費することがおすすめです。

一般的には冷蔵庫で保存し、
開封後は早めに食べるよう指示があります。

レーズンバターは冷凍保存もできる?

レーズンやバターは、
冷凍保存もできます。

レーズンバターを短期間で
消費できない人におすすめです。

レーズンはアイスなどにも使われているように
甘みが強いため冷凍しても固くなりにくい
性質を持っています。

バターも小分けにして冷凍保存すると
日持ちが長くなるためおすすめです。

なお、冷凍と解凍を何度も行うと
風味が損なわれ劣化してしまうため
一度に食べる分だけ分けて冷凍しましょう。

開封した時点で、
いくつかに分けて冷凍しておくと便利です。

レーズンバターは生で食べるため
冷凍庫のにおいが気にならないように
アルミなどで包んでから
フリーザーパックなどに入れる

解凍後も美味しく食べられます。

レーズンバターのカロリーや日持ち情報まとめ

レーズンバターは
バターとそれほどカロリーが変わるわけではありませんが、
高カロリーです。

日持ちは1~2週間と短いため、
もし小分けにして食べたいなら
冷凍保存してみましょう。


レーズンもバターも冷凍できるため
気軽に試せます。


Sponsored Link