Sponsored Link

ケーキやアイスなどにも使われることがあり、
コクのある味わいが特徴のピスタチオ

体にいいと言われることも多いですが
どんな栄養があるのでしょうか?


また、時々開いてないものもありますが
処理にも困りますよね?

ここではピスタチオの栄養開いてない時の対処法
どこに売ってるのかなど情報をまとめました。

ピスタチオは体にいい?栄養素を見てみよう

ピスタチオは体にいい!開いてないものは食べれる?どこに売ってる?1
ピスタチオはウルシ科の植物で、
地中海周辺でよく栽培されています。

イランやアメリカ、トルコなどが
主な生産国です。

100gあたりの栄養成分を見てみましょう。

食物繊維 10.3g
たんぱく質 20.27g
ビタミンB6 1.7mg
ビタミンC 5.6mg
ビタミンE 2.3mg
カリウム 1025mg
カルシウム 105mg
マグネシウム 490mg
鉄分 3.92mg
亜鉛 2.2mg

主な栄養成分は、
食物繊維・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどです。


ピスタチオを一度に100g摂取するのは難しいため
100g分の栄養を摂れるわけではないですが
体にいいのは確かなようです。

ただしナッツ類のため、
アレルギーを発症するケースもあります。
気になる方はアレルギー検査などをしておきましょう。


1日あたりの摂取量としては20~30gなので、
食物繊維なら3g程度摂取できる計算です。

足りない分の栄養素を補うつもりなら
十分なのではないでしょうか。


Sponsored Link

ピスタチオの開いてないものは食べられる?処理方法も

ピスタチオは体にいい!開いてないものは食べれる?どこに売ってる?2
ピスタチオは殻が開いてないものでも
割れば食べることができます。


開いてないからと言って問題があるわけではないので
せっかくなので割ってみましょう。

たいていの場合、開いてないものでも
かすかにヒビが入っています。


このタイプのものは、
ヒビのすき間に他のピスタチオの殻を差し込むと
簡単に開けることができますよ。

全くヒビが入っていないものは
板やペンチなどを使って割る必要がありますが、
完全に開いてないものは珍しいので
それほど困ることはなさそうです。

ピスタチオはどこに売ってる?

ピスタチオは意外と、手に入れやすいナッツです。

スーパーや100均、コンビニなどでも販売されています。


値段が安いものも多いので、
こだわりがないなら100円程度
購入することも可能です。

どこに売ってるか気になる場合は
身近なお店で探してみましょう。


もちろん、通販や酒屋さんなどでも
売っているので、好みのものを探してみましょう。

ピスタチオの栄養やどこに売ってるのか情報まとめ

ピスタチオが体にいいと言われている理由や、
開いてないものの処理方法をまとめました。

ピスタチオは生産国も多く比較的安いので
食物繊維やビタミン、ミネラルを摂取したい人におすすめです。

味も美味しく有塩タイプならおつまみにもぴったり!


意外と身近なお店でも見つけやすいので
一度チャレンジしてみましょう。


Sponsored Link