ハーブウォーターは化粧水代わりに使われることもありますが、
フルーツや食用ハーブを使えば、
飲むこともできます。


ハーブの効能を得ることができる上、
水と混ぜるだけなので簡単に作れることが魅力です。

ハーブを活用したい方や、
ミネラルウォーターをおいしく飲みたい方にもおすすめです。

 

Sponsored Link

ハーブウォーターを飲む時の作り方とは?

ハーブウォーターを飲む時の作り方は?はちみつを入れるのもおすすめ!1
ハーブウォーターを飲むのであれば、
おいしい作り方が知りたいですよね。

どのような作り方が良いのか、
レシピも一緒に紹介しましょう。


ハーブウォーターによく使われるのは、
ミントやレモン、
ライム、リンゴなどです。

すっきり飲めるハーブや
フルーツがメインになっているので、
よく冷やすことが大切です。

ハーブやフルーツの成分を
水に溶け込ませるためにも、
数時間程度は冷蔵庫で置いておくのがおすすめです。

また、水は水道水でも構いませんが、
おいしく飲みたいなら好みのミネラルウォーターを使いましょう。


ミネラルウォーターには種類がいろいろあり、
種類によって味も異なります。

軟水を使うと飲みやすく、
硬水の場合はミネラルがたっぷり摂れます。


Sponsored Link

 

おすすめのハーブウォーターレシピ

ハーブウォーターを飲む時の作り方は?はちみつを入れるのもおすすめ!2
ミントとレモンのハーブウォーター
ミントの葉を適量とレモン1個を使います。

ミントの葉はそのまま、
レモンは輪切りにしてミネラルウォーターにつけるだけです。

冷蔵庫に入れて、ミントやレモンの風味がする頃が飲み頃です。


リンゴのハーブウォーター
リンゴを適量とレモン、
ミントの葉などを使ったハーブウォーターです。

リンゴを多めに入れることで、
水に甘みもつけられるので飲みやすくなります。

ミントの葉は数枚でも、
しっかりおいしいハーブウォーターになります。

ハーブウォーターにははちみつもおすすめ?

ハーブウォーターを作る時は、
すっきりした風味のハーブを使うことが多いでしょう。
またレモンやライムなども、
酸味が目立つフルーツです。


そのため、爽やかにはなりますが
甘みが足りないと感じることもあります。

ジュース感覚で飲みたい時や、
酸っぱさが目立つ時はちみつを混ぜるのもおすすめです。


飲みやすくなり、
リラックスしたい時にも最適です。

ハーブウォーターの作り方まとめ

ハーブウォーターには
爽やかな風味のハーブやフルーツを使うのがおすすめです。


作り方は簡単で、ミントなどのハーブを適量と
レモンやライム、リンゴなどの
フルーツを切って水につけるだけです

フルーツやハーブは好みで選ぶことができますが、
甘みが足りない時は
はちみつをプラスするとおいしく飲むことができます。


Sponsored Link