人気のブランケットを扱う
カシウエアベアフットドリームスは、
どちらもポリエステルで
取り扱いしやすいアイテムを販売しています。


ここではカシウエアの特徴や
どこの国で生まれたブランドなのかという内容、
ベアフットドリームスとの違いをまとめています。


Sponsored Link

カシウエアはどこの国発祥の製品?

カシウエアはどこの国発祥?ベアフットドリームスとの違いは?1

ブランケットやローブなどのアイテムで人気のカシウエアは、
アメリカ・ロサンゼルスで生まれたブランドです。

ポリエステル100%ですが、
カシミヤのような触り心地と管理のしやすさから
多くの方に愛用されています。

子供の肌にも優しく、
洗濯機や乾燥機を使っても
柔らかい触り心地が続くのでベビー用品のギフトも人気です。

ブランド自体はアメリカ発祥ですが、
製品は外国の工場で作っているものもあるため
台湾製や中国製など同じ製品でも
異なる仕様になっていることもあるようです。


Sponsored Link

カシウエアとベアフットドリームスの違いとは?

カシウエアはどこの国発祥?ベアフットドリームスとの違いは?2

カシウエアに似た製品として、
同じくアメリカのブランドのベアフットドリームスがあります。

カシウエアは人気も高いですが、
大判のブランケットやバスローブは
2~4万円程度と手が出しにくい価格帯です。 

値段が手頃なハーフブランケットは
主にベビー用のアイテムが多く、
サイズは大きくても85×110cm程度と
普通のブランケットとしては使いにくいサイズです。

ベアフットドリームスも安い価格ではありませんが、
ハーフブランケットより少し大きめで使いやすい154×122cmサイズのブランケットが、
1万円台後半から販売されています。

カシウエアとベアフットドリームスは、
どちらもポリエステル100%で
独自のマイクロファイバー技術で編まれています。

取り扱いのサイズと、
若干ベアフットドリームスの方が
価格が安く設定されていることが主な違いと言えるでしょう。

またベアフットドリームスは
ポリエステル100%の商品だけでなく、
素材が少し異なる商品も販売しています。

カシウエアは型崩れを防ぐため
ややしっかりした手触りですが、
ベアフットドリームスは
軽く柔らかい触り心地の商品が多くなっています。

ベアフットドリームスは、
キャラクターもののブランケットが用意されていることも特徴です。
対してカシウエアは
動物モチーフのベビーブランケットが販売されています。

赤ちゃん用にミニブランケットをプレゼントするならカシウエア、
大きくなっても使える大きめサイズが欲しいなら
ベアフットドリームスと使い分けるのも良さそうです。

カシウエアとベアフットドリームスの違いまとめ

では、カシウエアとベアフットドリームスの違いや
特徴を簡単にまとめておきましょう。

カシウエア
・赤ちゃん向けのアイテムも多い
・洗濯機・乾燥機OKで型くずれしにくい
・値段はやや高め
・ポリエステルのマイクロファイバー100%にこだわっている
・日本でもメジャーで取扱店が多い
ベアフットドリームス
・新生児以外も使える大きめブランケットが多め
・素材はポリエステルのみではない
・柔らかめだが最初は毛が抜けることも
・熱に弱いため乾燥機はNGで柔軟剤もアウト
・日本では取り扱い店舗が少なめ

どちらにもメリットとデメリットがあるため、
自分に合うアイテムを使うのがおすすめです。


Sponsored Link