男性がリップトリートメントを利用しようと思ったなら、
リップトリートメントは
メンズ向けもあるのか?

その点は気になるところでしょう。

また、女性向けと男性向けで
どんな違いがあるのかも気になりますよね?

男性向けの商品を女性が使えるのか、
その逆もあるのかはちょっとした疑問です。

有名なリップトリートメントを例に挙げて説明していきます。


Sponsored Link

メンズのリップトリートメントはどんなものがある?

リップトリートメントのメンズの使い方と違い!いつ塗るのが効果的?1

リップトリートメント」の名前で
メンズ商品を販売しているのは資生堂です。

メンズはトリートメントにまだ馴染みがないからか、他の会社はリップクリームやリップバームなどが多い印象です。

リップバームは柔らかいタイプが多いので、
摩擦による唇の負担が気になるならリップバームを選んでもいいでしょう。

資生堂にはメンズラインの化粧品がそろっていて、
その中にリップトリートメントがあります。



ちなみに値段は税込2700円です。


このリップトリートメントの主な成分はこちらです。

スクワラン
マカデミアナッツ油
ホホバエステル

グリセリン
その他ワックス成分や添加物など

では女性向けのリップトリートメントとして有名な、フローフシの商品ではどうでしょうか。

ミネラルオイル
ガーネット末
シア脂
スクワラン
ヒアルロン酸
コラーゲン
エチルヘキシルグリセリン

その他のワックス成分や添加物は資生堂のメンズ商品と同じものが多数

成分だけ見ると、
どちらも唇を保護するための成分が使われているのが分かります。

どちらかと言えば
メンズ製品はシンプルな印象です。

では具体的な違いは、
いったいどんなところにあるのでしょうか。


Sponsored Link

メンズ向けのリップトリートメントでも違いはない?

成分的には、大きな差があるとは言えません。

ですがどっちを使っても何も問題ないとは言えないのです。



何故なら、どちらの製品も
性別を考慮して作られているからです。


具体的には、カラーや香料の差があります。



フローフシのリップトリートメントは
無香料ですが、
色がついています。



他の女性向けリップトリートメントも
色がついていたり、
甘い香料が使われているケースも多いのです。



また女性はグロス代わりに
リップトリートメントを使うこともあり、
ツヤツヤ光るようなタイプが大半です。

対してメンズ向けは、
無香料でリップクリームと同じ質感になっています。


リップトリートメントのメンズの使い方と違い!いつ塗るのが効果的?2

男性の場合には
口紅のような使い方をする人は稀です。

そのため無香料・無着色が基本です。

リップトリートメントと同じ扱いの
リップバームなども同じ傾向があります。



そのためシンプルなものを好む女性なら
メンズラインを使うことに問題はありませんが、
男性の場合はメンズ向けを使うほうがいいでしょう

メンズと女性向けでリップトリートメントの使い方や効果に差はある?

メンズ向けだからと言って、
特別な使い方があるわけではありません。

女性向けと同様に唇の荒れを防いだり、
バリア機能を保つために使うことができます。



リップクリームとは違い、
それほど唇に負担がかからないような成分が使われているので塗り直しも問題ありません。

また男女とも同じような成分が使われているので、
効果に大幅な差があることもありません。

ただし女性向けの場合には唇にツヤ感を与えたり
ふっくらさせる成分も追加されています。

フローフシの商品などは、
唇の血行を変化させる最新機能が追加されています。

メンズ向けリップトリートメントはいつ使うのが効果的?

男性が頻繁にリップトリートメントを
塗るのに抵抗があれば、
夜寝る前などに使うのが最適です。

寝る前に使うことで、
翌朝にしっとりした唇になります。

もちろん日中使っても問題はないので、
唇に優しいリップクリームと思っておけばいいでしょう。

メンズリップトリートメント情報まとめ

メンズ向けで「リップトリートメント」の名前で
販売されているのは
資生堂のメンズラインの商品です。

その他のメンズライン商品では、
リップバームなどは販売されていますが
トリートメントはありません。

機能的にはリップバームやオイルなども
同じ機能をもっているので、
名前にこだわらなくてもいいでしょう。

男性でも唇の荒れが気になった時には
リップトリートメントで唇のバリア機能を高めたいものです。

それでは、女性向けとメンズ向けの
リップトリートメントの違いをまとめておきましょう。

・成分はそれほど差はない
・女性向けは香料が入っていたり色がついていることが多い
・男性向けは無着色・無香料ででグロス感はない

使い方や効果の差もそれほどありません。

女性向けと同じように、唇を保護するだけでなく
美容成分でバリアを守ってくれます。

ただしメンズ向け商品は数が少なく、
特殊な機能がついたものはありません。


女性向けのリップトリートメントはフローフシなど、

温度に着目した最新機能がセットになっているものもあります。


Sponsored Link