リヴァーレの新曲MVが意味深過ぎる…曲の歌詞に千と百の過去が?1

大人気スマホゲームのアイドリッシュセブンは今第3部公開中、
人気を博しているアイドルユニットの「リヴァーレ(Re:vale)」の新曲MVが、
5月30日にフルで公開されました!

人気アニメを多く手がけてきた、プロダクションI.Gの制作ですので、
なめらかなダンスシーンや、アクロバティックなドラマシーンが見られます。

ですが、この新曲MVが、一部のファンの間で意味深すぎると噂に!?

今回はその真相や歌詞の意味を考察し
リヴァーレのメンバーである千(ユキ)と、
百(モモ)の過去に迫ります!

リヴァーレの新曲MV「NO DOUBT」の歌詞が意味深な理由とは?

リヴァーレの新曲はNO DOUBTという曲ですが、
このMVはダンスシーンと、
ドラマシーンから構成されています。

千は、アイドリッシュセブンのメンバーである二階堂大和の古い馴染みです。
大和の父親は芸能界きっての大御所俳優である千葉志寿雄に世話になっていました。

リヴァーレ千の俳優姿

そして、千はリヴァーレを結成してからも、
俳優として活躍しています。

この辺りは、千葉志寿雄さんに影響されたためだと考えられます。


Sponsored Link

リヴァーレの新曲MVの歌詞が意味するところとは?

犯罪者のモモ
また、MVが刑事モノ風に仕上がっているのですが、
千が刑事役、百がテロリストのような犯罪者役となっています。

なぜこのような仕上がりになったのか?

それはズバリ!2012年に制作された大ヒットアニメ「PSYCHO-PASS」が、
プロダクションI.G制作だからと言えます。

こちらのアニメは近未来SF刑事モノですが、
基本的に主人公は刑事で、
敵はテロリスト(犯罪者)です。

中でも、「劇場版 PSYCHO-PASS」では、
刑事側の宜野座というキャラクターが、ポニーテールです。
敵はテロリストの槙島というキャラで、体術も得意です。

千のポニーテール姿と重なりますよね!?

刑事の宜野座

新曲MVシーンでは、2人体術で戦ったり、
ラストは拳銃で撃たれるモモのシーンがありました。


Sponsored Link

リヴァーレ新曲「NO DOUBT」の歌詞のパート分けに考察!千と百の過去が…?

リヴァーレの現在

 

そして本題の、歌詞の意味ですが、
Aパートの「どうしてそんなに悲しい方法で」
「どうしてなんども同じ過ちを繰り返して」
という部分があります。

これは千が過去に旧・リヴァーレについて悩んでいたこと、
そして万理の次に千の相棒となった百が、

本当に自分はここにいていいのか?
千の相棒は自分でいいのだろうかと、
ストーリー中でなんども悩むシーンがあったからだと思います。

つまり、2人の過去の悩みなのですね。

そしてサビの「身体中を巡っているだろう、罪の意識」と
「本当の君見つけ出そう」

という部分も、やはり千が以前の相棒だった万理が、
怪我をした原因が自分にあるのでないかと悩むことや、
百が、万理の「替え」ではなく新しい、本当の
今のリヴァーレの一員であるんだということだと思います。

リヴァーレの過去だけでなく、アイドリッシュセブン全体に注目!

アイドリッシュセブン全体に注目

アイドリッシュセブンは、すでにプレイしている方が
「バスタオルなしでは見られない」

これ正直女性向けなの!?
と言うほどキャラ全員のバックグラウンドが辛いものです。
ですから、今回の新曲はリヴァーレだけでなく、
アイドリッシュセブンに出るキャラ全員に言えることだと思います。

また、今回の新曲MVはドラマ仕立てになっていますので、
そのうちゲーム本編でドラマパートが見られるかもしれませんね!

特にリヴァーレのファンの方は、絶対に
公式のアナウンスをチェックしましょう!


Sponsored Link