義母と娘のブルースが感動末うストーリーでドラマ化 TOP

綾瀬はるか主演でドラマ化も決まった『義母と娘のブルース』!

仕事ができる女性が子供のいる男性と結婚して、笑いあり涙ありの四コマ漫画!

感動する人が多い中、漫画が絶版という噂が!




Sponsored Link

『義母と娘のブルース』ってどんな作品?

義母と娘のブルースが感動するストーリーでドラマ化 まとめ

桜沢鈴による四コマ漫画で全2巻。

発売日: 2011/2/14

仕事一筋に生きてきたキャリアウーマン岩木亜希子が娘を持つ男性宮本良一にプロポーズされ結婚。

家事に不慣れな亜希子と母親と認めることが出来なくて反抗する娘の話が四コマ漫画で描かれています。


『義母と娘のブルース』が感動するストーリーでドラマ化!

義母と娘のブルースが感動するストーリーでドラマ化 父の覚悟

感動して泣いたという感想も多いこの作品!

どんなところが共感を呼ぶのでしょうか?

感動ストーリー

母が病死し、まだ立ち直れていない父と娘。しかし、父親宮本良一の体も病魔に蝕まれ余命わずかという事に!

良一は、娘みゆきを一人を残して逝くことはできないと新しい母、岩木亜希子を連れてきます。

亜希子は仕事一筋だった女性。

亜希子も一人孤独な毎日に寂しさを感じていた事から良一からのプロポーズを受け結婚!

お互いに恋愛感情はない仮面夫婦。

自分のために結婚したとは思わない娘は義母の亜希子に対して反抗的な態度をとります。

そんな娘と義母が父親がなくなるまでに分かり合えるのか?


シリアスな所もありますが、ギャグもあって笑いあり涙ありの4コマ漫画。

初めて良一の娘みゆきと会った亜希子はいきなり名刺を出して「よろしくおねがいします」とか

自分のことをもっとよく知ってもらうためにみゆきに履歴書を見せようとする場面はギャグ!

でも、一緒に暮らすうちに愛情がお互いに芽生え始めてくる所から切なくなってきます。




Sponsored Link

ドラマ化決定

義母と娘のブルースが感動するストーリーでドラマ化 ドラマか主演

放送日:2018年7月スタート、火曜22時~

放送局:TBS


主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子役に綾瀬はるか

亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一夫役が竹野内豊

綾瀬はるかが初の義母役という事で話題になってます。

4コマ漫画がどんな風にドラマ化されるのか楽しみですね!


感動の声が!

★義母と娘のブルースで思いのほか泣けてきました!

★すごく面白かったし、ほろりと来ました。悲しくても幸せな心温まる作品!

★また話題になっていたので読み直したら・・何度読んでも泣いちゃいます。
 やっぱしこれは隠れた名作!

★義母と娘が一緒に住んで共に成長していく話。
 4コマ漫画でここまで感動できるのはなかなか無いと思います。

★爆笑して号泣して凄く素敵な漫画だなと感動しました。


絶版って本当?

絶版なのは事実のようです。

紙で購入しようとすると、オークションでもかなりの高額で取引されてたらしい。

現在は中古品でも手に入れるのは困難みたいです。

しかし、電子書籍でしたら購入して読むことが出来ます。


【義母と娘のブルースが感動するストーリーでドラマ化!絶版って本当?】のまとめ

義母と娘のブルースが感動するストーリーでドラマ化 final

昔の作品がドラマ化されることで注目されることはよくありますね。

この作品もドラマ化発表あるまで知りませんでした。

読んでみると面白さと切なさが入り混じった作品で一気に読んでしまいました。

反発していた娘が成長するとともに義母に似ていく所が面白くて感動しました。

本当の母娘にしか見えない。

ドラマではどこまで放送されるのかな?


Sponsored Link