アオアシのストーリーが面白すぎる! アシト TOP


アオアシはサッカー漫画でも”Jユース”を題材にしている珍しい作品。

評価が高く、9巻発売時に総発行部数100万部を超えるヒット作。

そんなアオアシについて紹介したいと思います。




Sponsored Link

アオアシとはどんな作品?

アオアシのストーリーが面白すぎる! アシトと監督

『アオアシ』は、小林有吾による日本の漫画作品。

取材・原案協力はスポーツライターの上野直彦。

Jリーグのユースを扱っているサッカー漫画で、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2015年6号から連載中。

2017年マンガ大賞第4位。

2015年当時のスピリッツ副編集長が「Jユースを本格的に取り扱った漫画がない」ことに注目、企画された




Sponsored Link

アオアシのストーリーが面白すぎる!

アオアシのストーリーが面白すぎる! アシトと仲間

愛媛の中学サッカー部のFW・青井葦人(あおいあしと)

Jリーグのユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)と出会ったのがきっかけでJユースでプレイすることに!

独りよがりのサッカーをしてきたアシトは基本動作さえ出来なくて、実力の差を見せつけられます。

「基礎はボロボロなのに、1度覚えたら完全に自分のモノにして操る。異様な能力を感じる」

アオアシのストーリーが面白すぎる! アシトの決意

アシトの才能ですね!

そしてその才能はFWではなくDF転向という形で発揮されることに!

ショックを受けながらも、DFとして努力を惜しまない。

目の前に壁が立ちふさがっても、自分でその壁を乗り越えていく姿が丁寧に描かれています。

試合中に自分で見て感じて覚醒していくアシトの姿は読んでいて熱くなりますね。


高校のサッカー部ではなく、ユースを舞台にしたサッカー漫画。

サッカーのルールをあまり知らない私でも先が気になってワクワクしながら読みました。


サッカーの試合を見ていて、疑問に思っていたことがこの漫画の説明で納得出来ちゃうのも作品の魅力の一つ!


”テレビ観戦していて、「あっちが開いてるんじゃないか。なんで出さないんだ?」「目がついてないのか」と皆思うかもしれない。
でも、あれはテレビカメラが上から撮っているから分かるのであって、選手は地面で戦っている。地面から見える景色には限りがあるんだ”

という説明に思わずそうだよねって納得しました!


そして、フィールドの上空を旋回する鳥のように選手がどこにいるか全部把握して、自分がどこにいるべきかがわかる選手が青井葦人。

サッカーを知っている人でもあまりよく分からない人でも楽しめる作品です。


アニメ化の声や人気キャラも

アオアシのストーリーが面白すぎる! 11巻


早くもアニメ化してほしいという声も聞かれます。
やはりスポーツ漫画は動く姿も見たくなってきますよね。


アニメ化の声


★アオアシ、アニメ化早く来い!W杯に合わせるのかな?

★アオアシマジで面白い!サッカーあまり知らなかったけど、サッカー中継観たくなる!
 アニメ化したら絶対バカ売れしそう!

★アオアシっていうサッカー漫画面白い!早くアニメ化!

★アニメ化しないかな~絶対人気出ると思うのになぁ~

★アオアシは試合シーンが最高に面白い!もうアニメ化するしかないと思う。

アニメ化はしてほしい!

サッカー漫画はアニメ化されてる作品多いので、期待できそうですね?


人気キャラは?

アオアシのストーリーが面白すぎる! アシトとヒロインたち

主人公のアシトはやはり人気!

大友や富樫も人気あるみたいですね。

選手たちも人気はありますが、ヒロインの花ちゃんや杏里ちゃんも人気があるんですよね!
アオアシのストーリーが面白すぎる! 花

個人的には花ちゃんがかわいい!

福田監督の妹ですが、サッカーの事はあまりよく分からない。

でも、選手の栄養バランスを考えた食事メニューが素晴らしい。

ちょっと気が強くて素直な花ちゃん。

アシトとの恋の行方も気になる所。

杏里ちゃんは「東京シティ・エスぺリオン」の親会社の社長令嬢。

ただのお嬢様でなく、自分の力で監督になることが夢。

いつも冷静な目で試合を見ています。

そして杏里ちゃんもアシトの魅力に惹かれつつある感じ!



アオアシのストーリーが面白すぎるのまとめ

アオアシのストーリーが面白すぎる! 12巻

高校の部活でなく、ユースが舞台というのが新鮮で面白い。

Jリーグの仕組みなど全然知らなかったので、この作品を読んで色々勉強になりました。

アシトと花ちゃんや杏奈ちゃんがこれからどうなるのか恋の行方も気になるところ!

サッカーが詳しい人でもよく知らない人でもワクワクしながら読める漫画ですね!


Sponsored Link