フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も4

フルーツバスケットとは?

20代女子、30代女子の
バイブル的漫画
ファンの人々には

『フルバ』の愛称で親しまれてました。

『花とゆめ』にてかつて連載されていた
高屋奈月(たかやなつき)さん
による少女漫画です。

七葵(なつき)七葵(なつき)

単行本も買ってたけど、本誌でも追ってたな。すごくはやったんだよね

うさうさうさうさ

根づよいファンが多くて、しんそうばん出たのよね。ちょっと高いやつ

続編の

『フルーツバスケットanother』

も大人気発売中ですね!
でも、

前作ってどんなあらすじだったけ?

今回は

前作『フルーツバスケット』のあらすじ
anotherへの伏線
前作キャラの現在について

このことについて
お話していこうと思います。


Sponsored Link

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ

正直登場人物の多さは
読んだ少女漫画の中では屈指の存在です。
今回は

主軸の人物とあらすじをざっくり

でやっていきたい思います。

主軸の人物

この物語の主軸は大体三人
そしてキーパーソンが二人です。

本田 透(ほんだ とおる)

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も7

本作の主人公。高校一年生。
父は幼いころに他界、母も交通事故で他界。祖父と暮らしていましたが、ひょんなことから草摩の家でお世話になることに。
明るく、優しい少女です。
ちょっと変な敬語を使います。『~ますです』などの二重敬語も普通に多いです。母の為に父を真似た口調。成績は中の下位でしょうか。
家事万能な家庭的かつ母性的な子でもあります。

草摩 夾(そうま きょう)

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も5

本作の主軸の一人ですね、ヒーロー役。オレンジ色の髪と同じ色の瞳。猫の物の怪憑き。
やや粗暴なところがあるものの、単純に不器用なだけで本来は優しい子。
実母は幼い頃自殺、実父とはほぼ絶縁状態。猫憑きを祖父にもつ藉真に育てられました。彼もまた透達と同居することに。最初は突き放していましたが、徐々に透に心を開いていきます。
透の母である今日子さんと幼いころに交流がありました。
猫憑きとして当主にうとまれていて、心に深い傷があります。鼠憑きの由希とは犬猿の仲

草摩 由希(そうま ゆき)

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も8

本作の主軸の一人。青みがかった薄い灰色の髪と同色の瞳。鼠の物の怪憑き。
眉目秀麗、成績優秀、運動神経抜群という絵に描いたような優等生。学校ではアイドル扱いされていますが、本人はあまり嬉しくはないようです。
寝起きが最悪に悪く、怒らせると怖い。
見た目は薄幸の美少年ですが、基本的には裕福。両親からの愛情が薄く、当初は兄弟関係もうすいものでした。過去に母から当主への貢ぎ物として差し出され、その後深く傷つけられます。
基本何でもできますが、家事能力は壊滅的。

草摩 紫呉(そうま しぐれ)

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も6

キーパーソンの一人。黒髪に同色の瞳。犬の物の怪憑き。
透、夾、由希の住む家の家主。三人の保護者がわりでもあります。
職業は作家。いくつかのペンネームを持ち色んなものを書いている様です。一応本業は純文学らしいですが。
本家の方に住んでいましたが、さまざまな理由で追い出され草摩名義の家に住むことに。そのさい、当主に束縛されていた由希も共に連れて行きます。
かつての恋人に『さざ波のような男』と呼ばれた掴みどころのない人物。真意が最後まで分からない。
由希と同じく家事能力は低いみたいです。

草摩 慊人(そうま あきと)

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も9

キーパーソンの一人。黒髪に同色の瞳。草摩家の当主。
前当主である父は幼いころに他界。母親との仲は険悪を通り越し、憎悪し合っています。
体が弱いらしく、あまり外や人前には出ないで草摩の本家の部屋で一日を過ごしている様です。
情緒が不安定で思い通りにならないとかんしゃくをおこします。由希や夾を始め彼らの闇には必ず姿があります。暴力的な面が目立ちますが、一時期はまだ子供らしい情緒で優しい思い出もあった様子。
複雑な家庭の事情で男として育てられた女性です。


Sponsored Link

あらすじネタバレ!

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も

母を亡くし、祖父と暮らしていましたが

『娘夫婦と暮らすことになって、家の改装をするからしばらく友達の家とかに世話になって欲しい』

と言われ、友達を頼るわけにもいかずテント暮らしを始めた本田透。
しかし、テントを張った山は草摩の持ち物。さらにはがけ崩れでテントが倒壊。そんないきさつもあり、草摩の家(じっさいは別宅)でお世話になることに。
しかし、草摩の人々には秘密が…

異性に抱き付かれると、十二支の動物に変身してしまう。

その秘密を知ってしまったのにかかわらず、
何故か同居の許可がでて
家主の紫呉、同居人の由希
そして由希を倒すためにやってきた夾の

四人で同居生活を始めることに!

そして現れる他の十二支と物の怪つきの人々。

彼等と深くかかわっていくうちに
草摩の家の呪いに深くかかわることになっていく透。
呪いを解くことを決意します。

いつしか夾へ惹かれていく透
惹かれあってるにに秘密があり、
受け入れきれないでいる夾

すれちがい始める想い

そして解き明かされる

草摩最大の因縁

綻びはじめる遠い約束
『呪い』の正体は遠い約束。

『決別』の代わりに手に入れた『自由』

これは

深く傷つき、傷つけた草摩の人々が
透との出会いをきっかけに
再び歩きだす

絆の物語

七葵(なつき)七葵(なつき)

アニメの主題歌が合いすぎて、グッとくるものがあったね。特に人物一人一人の背景がしっかりしてる

うさうさうさうさ

とくのその過去の話がとにかく泣ける。るいせんをどこまでもしげきしてくるマンガだね

一言でまとめてしまえば

お茶の間ほのぼの系
コミカル学園ラヴラヴ
ちょっと不思議付き物語

(予告マンガより)

だそうです。

anotherはややコメディーよりですが、
前作はシリアスに重きを置いている部分がありますね


ただの恋愛マンガの枠にはとどまらない
深い物語でもありますね。
リアルタイムでも面白かったですけど、
大人になってから読むと

ちょっと味わいが違って面白いです!

anotherへの伏線と現在も

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も3

ほとんどの人々は
幸せを手に入れ、
子供が出来て

『平凡な温かい家庭』

を築いている様です。

特に前作でカップルだった人の子供は
anotherでほとんど登場。
ここまでくると

あれ?次世代もあるって伏線だったんじゃ?

と思えてきます。

前作に出てきた人物も

大人になって出演

前作ではわき役だったのに関わらず
おいしい役どころの人も!

前作は明るい未来を示唆する描写で
全てが終わっています。

前作のカップルはおおむね

今は夫婦へと形を変えている様です

ほとんどがあちこちに移って
自分をためす為、一から始めるため
地方に移っていきましたが

なん家族かは戻ってきてるみたいです

前作の時点で

『透達が住んでた家は残す』

ともあったので、
草摩の子供たちがシェアハウスしてることを考えると

その話も伏線だったりするんでしょうか…

いつか子供たちが住むからと…
考えれば考える程どれもこれもが怪しく…

草摩の家も昔よりかなりクリーンになりましたが、
当主慊人と実母である煉(れん)の関係は

多分悪化してます…

七葵(なつき)七葵(なつき)

そうない闇深い家庭だよね。因習やら憎悪やらが個人の思惑によって渦どころかとぐろを巻いてるような…

うさうさうさうさ

なんていうか、もうほどきようがない位もつれてこじれてる。というより、多分どこか切れてる

当然慊人と紫呉の子供である
志岐も被害に合い
睦月の回想に

志岐をかばい煉さんの前に立った慊人の姿

があったりします。
辛い思い出には彼女の影が見え隠れ

全てが順調と言うわけではないみたいです。

前作からのファンの方は

『やっぱりそうか…』

と思われた方の方が多いかもしれませんね。

フルーツバスケットについてまとめ

フルーツバスケットのあらすじをネタバレ!anotherへの伏線と現在も2

単行本は全23巻
愛蔵版は全12巻
ファンブック2冊

新品で集めるなら

愛蔵版を推奨します!

12巻には

作品の裏設定
未公開カラー
おまけ漫画
ロングインタビュー

などなどファンにはたまらないものが
多々収録されています。
是非愛蔵版で。

シリアスにはシリアスの良さ
というものがありますが、
学園物は

コメディーも面白いですよね

『フルーツバスケットanother』は
そこを重視されているのかな?

どちらもすごく面白いです!

これからバリバリ相関図なども
作成を予定しています!

ご期待ください!

愛蔵版もanotherも書店で
見かけた際は
是非手に取ってみてください!

自信をもってオススメします!


Sponsored Link