妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!4

妖狐×僕ssのアニメとは?

藤原ここあさんのマンガ

『妖狐×僕シークレットサービス』
(いぬぼくシークレットサービス)

タイトルの表記の関係でファンには

『妖狐×僕ss』
『犬僕ss』

などの略称で呼ばれてます。

七葵(なつき)七葵(なつき)

漫画もだけど、アニメ人気がすごいんだよね

うさうさうさうさ

マンガよりアニメのほうが好きって人もおおいの

Blu-rayBOXが発売されますが、

アニメって原作のどこまで?
あらすじは?

今回はこの二つについて
お話していきたいと思います。


Sponsored Link

妖狐×僕ssのあらすじネタバレ!

まずは原作の
あらすじについてネタバレしようと
思います。

三章構成で一つの物語を紡いでます



一章『prologue』
二章『if』
三章『春に目覚める』


の構成。
章ごとにあらすじをネタバレ!

一章

妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!

主人公である

『白鬼院 凛々蝶』(しらきいんりりちよ)

がシークレットサービスである

『御狐神 双熾』(みけつかみ そうし)

と出会うところからはじまります。

七葵(なつき)七葵(なつき)

シークレットサービスってところが引っかかるけど、護衛てか世話役っていうか

うさうさうさうさ

んー、SPとか。えらい人のボディーガードに近いかな…

妖怪の先祖返り達が住む

『メゾン・ド・章樫』(めぞん・ど・あやかし)

で暮らしていくうちに住人達と打ち解け
双熾とも心を通わせていく凛々蝶

来世へのタイムカプセル

を作った際に
凛々蝶と双熾も恋人同士となり
平穏な日常

しかし、その平穏は

ある日音を立てて崩れ去ります…

突如始まった先祖返り達の暴走

『百鬼夜行』(ひゃっきやこう)

が始まり凛々蝶をかばい
双熾が犠牲に

絶望と共に一章が閉幕

二章

妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!2

一章から23年後
転生を果たした凛々蝶と双熾

中途半端な形で
前世の記憶を引き継いだ凛々蝶
はじまったのは双熾との

『歪な関係』

不安定ながら進む穏やかな日常
平穏な中『百鬼夜行』の首謀者

『犬神 命』(いぬがみ みこと)

の姿が。
彼の目的を知り、23年前の
自分たちを救うため

過去への手紙

を住人達は各自書き
全員が過去でも生き残れるように
多くの手がかりを過去へ送ります

そして物語は三章へ

三章

妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!6

未来の自分たちへの手紙を見つけ
自分たちに起こることを知った
メゾン・ド・章樫の住人達

住人皆が自宅に監禁状態に

しかし様々なサポートや
住人達の手助けにより
再び集まった皆

全てはあやかしたちの統率者である

『悟ヶ原 思紋』(さとりがはら しもん)

が黒幕と知り
命との最終決戦へ

命の行動は全て思紋の為

すべてはすれちがった思いから始まったのです。
最期の時
掛け違えたボタンは外れ
命の消失と共に幕は下ります。

そして未来へと歩き始めた
凛々蝶や双熾や住人達は

未来へと歩き始めます

七葵(なつき)七葵(なつき)

マジ泣けるラストだったね、最終巻よんで号泣したわ

うさうさうさうさ

カンドーしたけど、なつきちゃんはよく泣くよね。うさうさは涙がでるかどうかがなぞ

これは恋愛や人間関係も見所ですが
それ以上に深いです

これは長い長い時間の物語


Sponsored Link

アニメは原作をどこまで?

妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!3

アニメは

一章部分だけ

伏線が全く回収されないまま
終わりました…。

アニメが終わった時点で
マンガが完結してなかったというのも
あるのですが、

アニメ二期を望む声が多く

続編が熱望されましたが、
続編は叶わなかったアニメでもあります。
一章だけでは伏線はありすぎますが

出来としてはかなりいいです

一章だけで泣けます。

ただ、個人的には
なんで今になって

Blu-rayboxが発売?

とは思いました。

原作者である藤原ここあさんが
病気で亡くなり、
ますます二期は無理かなと思っているんですが。

七葵(なつき)七葵(なつき)

ネットニュースでみてびっくりしちゃった。もう何年か前だよね

うさうさうさうさ

新作れんさい中にとつぜん。新作も好きだったのに…

だからもしかして…みたいな

期待がすこしあるにはありあます

このタイミングですしね。
なにか動きがあるかもしれません。

妖狐×僕ssについてまとめ

妖狐×僕ssのアニメは原作をどこまで?あらすじネタバレ!5

どちらかというと
あらすじネタバレは
泣ける部分を強調しましたが

笑って泣けるアニメです

コミカル日常シーンも多いです。
個人的に
人(?)としてというか常識人として

これアウトじゃない?

と思われるキャラも多く
原作を読んだ世代からいまどきの中高生まで

幅広い年代が楽しめるアニメ

だと思います。
本当にすごくいいアニメなので
Blu-rayで感動を再び!

いろいろと期待したいですね!


Sponsored Link